Skip to main content

Adrien Chavassieu

完全なる旅人

世界を飛び回るマネージャーだけでは飽き足らず。

エイドリアンを思い描こうとするといつでも、すぐに機内にいる彼を想像してしまうことでしょう。事実、三足のわらじを履くシャヴァシューの人生は、香水事業のマネージャーであり、パルマ・デ・マヨルカにあるレストランの共同経営者、そしてアプリCityA の創設者として、その大部分が機上で繰り広げられています。数々の選択と大陸間の移動の合間で展開する暮らしなのです。

パフュームの分野では、南米やインド、アフリカ商圏に特に強いマーケティングコンサルタントとして、フランスやその他世界的ラグジュアリーブランドのためにフレグランスの新発売を手掛けてきました。

それからタパスレストラン<Sa Cova(サ・コーヴァ)>がマヨルカ島パルマのCala di Santanyi(カラ・ディ・サンターニ)にあります。幼い頃から様々な場所にある家々を転々とすることに慣れていたエイドリアンが、決まって休暇を過ごすのはこの島です。どうやら仕事から完全にオフになることはないようですね。

一方で、どうしたらこの気ぜわしい若き男性の心情を穏やかにすることができるのでしょうか。オランダで生まれ、ベネズエラにも住んだことがあり、後にヨーロッパの主要都市で暮らしました。まずはロンドン、それからパリ、そしてフォンテーヌブローでは大学に進学しました。その後、パリに戻り国際経済学を専攻し、最初の仕事で香水ビジネスに携わり日本とニューヨークに派遣されました。次に中国の上海に渡り、香港でコンサルタント業務をしながら、最終的には地図作りを生業とする事にしました。「絶え間なく旅を続け、気に入った物や特に感銘を受けた事をメモに取っています。」メディアの影響を受けやすい旅先の評判や選択肢を、目に見える形にしたものが彼のアプリCityAで、これでもうデジタル化された旅のヒントを見逃すことはありません。www.citytips.co.
彼がパリに戻ってから数ヶ月、そこで彼の撮影を行いました。その環境に慣れ親しんだ都市で、落ち着いている彼の姿を収める意図の下、ある種日常的な姿を再現しようとしましたが、実際にはそのようなものは存在しませんでした。
ここで言いたいのは、シャヴァシューは旅立つ姿が定着化しており、このような感覚すら逸脱しているということです。正真正銘のトラベラーが目の前に存在している今のうちに、急いで彼の習慣をチェックしてみましょう。

スタイル:
いついかなる時でも良質な靴を. 快適さだけでなく、その上質さにもこだわって。トッズなら間違いなし。
ファッションと流行に限っては気楽に.よくバランスの取れた組み合わせを突き詰めると、巧妙に計算されたカジュアルシックなスタイルに行き着きます。つまりTシャツにロールネックのセーター、ジーンズとアンコンジャケット。15年前に購入した物まであります。「人生で一番良い投資でしたね。」
基本ルール もしその服が完璧で上質でないとしたら、私は買いません。
マニア: 携帯は右ポケットに、鍵とリップバームは左に
夢中になっている事: すべての現実的問題に対処する私なりの方法。そこに口出しはさせません。 完璧なスーツケースに関する項目でそれを実感してみましょう。
手荷物はハードケースで軽く、四輪が付いた物

ウェア:
全て単色のアイテムで、仕立ての良い白シャツを1枚、2〜3本のジーンズと長時間歩くのに適した履きやすいシューズ。コートは不要、ジャケットの下に着るブラックのカシミアセーターがあれば十分。なぜなら飛行機から車へ、そしてホテルからレストランへ移動するだけですから。

ジェットラグ対策:
ネックピロー: 「首もとが暖かく良く眠れるし、私の気分がすぐれないと心配したフライトアテンダントが優しくしてくれるので。」
ノイズキャンセリングヘッドフォン: 「航空機エンジンの轟音を遮断してくれるので、目的地に着いた時により休めた気分になれます。」
水着:「ホテルにプールがあるなら泳ぐのは大切です。時差ボケ解消に一役買います。」
充電器 「必要な物は全種類2個ずつ買い、スーツケースの中に入れっぱなしにしておきます。」
時計: 「出発時にいつも目的地の時間に合わせておきます。」
Back to top