Skip to main content

Elisabeth Horcher

明確なテイスト
美食界に君臨した末裔のシンプル·エレガンス

サルバドール•ダリ、チャーリー•チャップリン、ソフィア•ローレンにジャン•コクトー。全ては1904年のベルリンで始まりました。グスタフ•ホーチャーの伝説と、その後1943年にマドリードのプエルタ•デ•アルカラのそばにオープンしたその名を冠するレストランは、現在では料理界のレジェンドの4代目である曾孫娘のエリザベス•ホーチャーに引き継がれています。

この上なくエレガントな装飾が比類なき雰囲気を放ち、パートリジ•ア•ラ•プレスやロイン•オブ•ディアー、あるいはロブスターのガスパチョのような季節のひと皿といった大胆な料理の数々が人々を魅了します。俳優、マタドール、政治家やロイヤルファミリーをはじめあらゆる階層のエリート顧客が名を連ね、彼らのプライバシーは“メゾン H”によって長きにわたり常に守られてきました。

私たちはエリザベスに、マドリードやビジネスを率いる彼女のライフスタイルについて聞いてみました。 スタイルとは…?「本当のエレガンスを感じるためには、自分自身が解き放たれていないといけないの。だから、自分にとっての心地良さが何かを知ることはとっても大切よ。」この考え方は、エリザベスの日々の生活ではパンツスーツにヒール、逆にオフの時には、夏はほんの少しヒッピーさを纏った柔らかなドレスや、デニムにふわっとしたセーターといったスタイルに反映されています。マニッシュなレースアップシューズや満ち足りた幸福感が放つ自信が、彼女のスタイルをより際立たせます。「ヨーロッパの中でも、ここで生活していることに幸せを感じるわ。スペインや地中海の国々のクオリティ•オブ•ライフは、ヨーロッパの他のどの国より明らかに高いのよ。」若きホーチャーにとって、朝食後や日中にレティーロ公園を散歩することは、お気に入りのエスケープです。その束の間のひと時に新聞に目を通したりします。「自分自身のための時間を持つことが、本当のラグジュアリーだと思うわ。」最近彼女はパーソナルトレーナーを持つようになり、食習慣を見直すように勧められました…ただ、自分で料理をする時には、白ワインで作るマッシュルームリゾットといったお気に入りのレシピやトルティーヤなどのスペイン料理は、もちろん食べています。

ホーチャーのスタイルをさらに紐解いていきましょう。
エレガントな気分:快適さを感じる時。
理想的な装い:完璧なシルエットのブラックドレスにハイヒールと何かひとつジュエリーを身に着けること。お気に入りはイヤリングね。
最高の贈り物:手紙と父と夫と訪れたタンザニア旅行
スーツケースの中身:オプションがたくさんあること。デニムにパンツ、トレーニング•シューズとヒール、ドレスとブレザー、軽いセーターやトップス、膝丈かオーバーサイズのメンズコート。それに彩の明るいイヴニングバッグ。
パッキングのアドバイス:閉じる前に、ひとつずつ洋服をチェックすること。
必需品:パジャマ。これなくしては眠れないの。
音楽:ウォーキングやスポーツをする時にはハウスミュージック。すごくインストロメンタルなデイヴ•マシューズバンドが好き。踊るならラテン音楽。フアネスは最高。
本:クリス•スチュワート著の『アントレ•リモーネ』。とても楽観的な構想がリラックスさせてくれるの。
映画:悪に打ち勝つスコット•クーパー監督の『ファーナス 訣別の朝』が大好き。
インテリア:何もないより、モノで溢れているけど、決してひけらかした感じではないこと。光を豊富に取り入れて、高い天井とウッドやテラコッタのフロアー。好きな色はブラック、ホワイト、フューシャね。
恐れていること:愛するすべての人に何かが起ってしまうこと。それと、孤独。自分が必要としているならポジティブだけど、そうでない時は恐怖ね。
NG:すごくタイトな洋服。
身に着けているもの:フラットかハイヒール。オケージョンによってふさわしいものを選ぶわ。
お気に入りのアプリ:Whatsapp、24時間いつでもつながっているなんて好ましくないけどね。音楽系のShazam やSpotifyも楽しんでいるわ。
マドリードのお気に入り:
- 日曜だったら、ヴィンテージ•マーケットの< El Rastro(エル•ラストロ)>ね。カスコロ広場を中心に、エンバハドーレス通りとロンダ•デ•トレド通りの間で開催されているわ。マドリードの“フリー•マーケット”といったらここよ。
- 月曜日からの週日には、クラウディオ•コエジョ通りにある大きなウッドテーブルが素晴らしい< El Perro y la Galleta(エル•ペロ•イ•ラ•ガジェタ)>での朝食。
- ランチは、ラ•ラティーナのタパスバーで、プエルタ•デ•モロス広場の< Juana la Loca(フアナ•ラ•ロカ)>。いつも混んでいるから、予約しないと入れないわ。キャラメリーゼにしたオニオンのトルティーヤ•デ•パパス、タラと唐辛子を詰めたクルゼット•ロール、ハモン•イベリコ、パン•コン•トマテがお気に入り。
- ホーチャーレストランの反対側にある< El Retiro park(エル レディロ公園)>の散歩
- フェルナンド6世通りエリアでのショッピング。アルヴァレス•ゴメスのパルファムも買えるわ。
- 午後の甘いスナックには< San Gines(サンヒネス)>。街で一番のチュロスが食べられるわよ。
Back to top