Gelasio Gaetani

ジェラーシオ・ガエターニ
ワールドトラベラー

ジェラーシオ・ガエターニ・ダラゴーナ・ロヴァテッリ
彼については、多くのことが知られています。ロマンティックでチャーミング、知的で人当りも良く、世の中の事柄にも通じる、真のイタリアンジェントルマンです。その生まれながらのカリスマ性は、家柄や高潔な精神によるものです。現代のギャスコインであり、銃士を彷彿とさせる気高い誇りをもち、旅人のような眼差しや微笑みを携えた、リドリー・スコットの映画から抜け出したようなキャラクター。無頓着ながらも感性が鋭く、深く愛するものへ生涯愛情を注ぎます。 そして、ワイン、旅、現実からの逃避、記憶を呼び覚ます日記、若い女性は、ジェラーシオの情熱であり、強み、弱みでもあるのです。

彼は、自分が生まれた土地に戻ることを夢見ています。しかし、それがどこか、もはや記憶には残っていません。ただその場所を「太陽と光に最も近い場所」と表現しています。
まず彼の子供たちについて話しましょう。イアコベッラは、クリスタルやアンティークレザーを用いて、オリジナルジュエリー、バッグ、小物を製作しています。それらは、世界中にいる顧客や友人など特別な人々のためだけのもの。クリストフォロは、ブラジルに素晴らしいナチュラルオーガニックファームを設立しました。2人とも父親に似て個性的ではありますが、人懐っこく聡明で、国際的な感覚をもつ、魅力的な人物です。

ジェラーシオは、ローマ、ロンドン、パリ、ニューヨーク、トスカーナ、シチリアなど、世界中を飛び回り自由を謳歌しています。どの場所にも多くの知りあいがいますが、大切にしている真の友人はごくわずかです。至るところに招待されますが、自分の心を動かす物や人にのみ興味を示します。

彼の作品はワイン。「Ex Vinis」は、その入り口。最も力を注いでいるのは、大事な友人たちの邸宅に素敵なワインセラーを造り、新たに生命を吹き込むこと。世界で最高のワインは、彼が特別なキュイジーヌに出会ったペルーから間もなく生まれるだろうと断言しています。最近では、「A spasso con il vino(ワインと共に楽しんで)」という書籍を出版しました。伝説的なワイン評論家であるヒュー・ジョンソンが前書きを書いています。現在進行中のプロジェクトは、自叙伝です。
彼自身の言葉で「彼自身」のストーリーを語ります。そこでは、彼が愛し、彼と通じ合う素晴らしい場所や友人たちが描かれます。この新しい作品は、才能ある若手フォトグラファー、アリーヌ・コケルがイメージを担当し、1年以内に完成する予定です。ジェラーシオは、常に旅をしてきましたが、単なる観光客だったことは一度もありません。彼が愛する場所、再び訪れたいと願っている場所の幾つかを教えてくれました。名前を簡単に述べる程度ですが、どれも訪れる価値の高いインターナショナルな場所です。

食事:素晴らしいペルーのレストラン「Astrid y Gastón(アストリッド&ガストン)」。アストリッドはドイツ人で、ガストンはペルー人。場所はリマのミラフローレスにあり、世界のベスト5にはいります。ヨーロッパテイストを盛り込んだ、洗練されたペルー料理です。お気に入りのペルーレストランは、 「Senzo(センゾ)」。クスコのパラシオ・ナザレス(旧スパニッシュ修道院に設けられた素晴らしいホテル)の中。ニューヨークでの食事は、メキシカンレストランの「Tacombi(タコンビ)」で。

宿泊:インドのランタンボールにあるホテル「アマニカス」(サンスクリット語とヒンディー語で「特別な平穏」という意味)、ニューデリーの「インペリアル ホテル」。 ワイン:上海の真新しい「ディエチ・コルソコモ」のルーフトップ。2013年9月、南京西路にオープン。中国で1番の洗練されたセラー。 イタリアでの食事:ローマでは、トラステヴェレ地区の中心にあるサンタ・アポローニア広場の「l’Osteria Der Belli(オステリア・ダー・ベッリ)」、サン・ロレンツォ地区にある「Pastificio Cerere(パスティフィーチョ・セレレ)」。レストラン「Dal Bolognese(ダル・ボロニェーゼ)」のオーナーであるアルフレッド・トマセッリは、ハーレーダビッドソンへの情熱を共有する大切なローマの友人。シエナでは、レストラン「Le Logge(レ・ロッジェ)」。ヴェルシリア・リヴィエラには小さなレストランがいくつかあり、どれも最高。ミラノでは、いつも必ず1人で食事をする「Conte Camillo(コンテ・カミーロ)」。

Back to top