Skip to main content

Gustaf Demarchelier

ウォールストリートと
オーシャンウェイブ

サーフィンをこよなく愛する金融ビジネスマン。
もともと僕はフランス人とスウェーデン人のハーフだけど、最近生活の拠点を移したニューヨークで生まれたんだ。育ったのもニューヨークだけど、ある意味とてもヨーロピアン的な側面を持っているのは、ニューヨークのフランス人学校に通っていたからだね。

子供時代はセント・バーツ島で休暇を過ごし、そこで12歳のときに初めてウィンドサーフィンに心奪われ、その後トラディショナルなサーフィンに深く魅了されていったんだ。

サーフィンは、今日の僕の一部といっても過言ではないよ。サーフィンはスポーツであり、僕のフィロソフィーであり、自然を感じながら友人との関係を育み、穏やかな休暇を過ごす手段でもある。マリブのペパーダイン大学に通ったカリフォルニアでの数年間は、僕にとってはまさしく精神性と深く関わったこのスポーツへの強い情熱だったんだ。

現在僕は、金融保険業が数多く密集しているニューヨークで働いている。僕の人生は大きく変わったけど、波への情熱がなくなることは決してないね。

何とか仕事を片付けるとすぐに、僕は世界で一番大好きな場所へと向かうんだ。

ラグジュアリーとは: 時間。大好きなことをして、愛すべき人たちと過ごす時間を持つこと。

スーツケースの中身: 旅に出るときはスーツケースではなく、常にハンドキャリー出来るバッグなんだ。プルオーバー、スウィムスーツ、iPod、イヤホンにパスポートと、あとは本かな…他に何か必要なものがあれば、海辺に行く途中で探すことが出来るからね。

お気に入りの映画: ビバリーヒルズ・コップ1

Back to top