Hugh Van Cutsem

大都市と大自然

コンテンポラリーかつ究極にエレガントな現代のゲーテ。大自然を研究し、耕し、そして観察し、現代のあわただしい生活ペースに順応するために必要なエネルギーをそこから吸収します。ヒュー・ヴァン・カッツェンが週末を過ごすのは、世界経済の中心ロンドンです。そして週末には、オックスフォードシャーに戻り、モダンなファーマーとしてのもう1つの活動をこなすのです。「私は、都会に行くのは大好きですが、そこでずっと生活するということは想像できません。」

ヒューの周りには常に自然がありました。サフォークでは、馬がたくさんいる環境で育てられました。彼の祖父は有名な競走馬のトレーナーでした。ヒューとその兄弟、エドワード、ニコラス、ウィリアムは、ノーフォークに家族が所有していた私有地の端にたたずむ別荘で、家族とともに夏を過ごしました。「ときおり外から食べ物が運ばれてくる以外は、私たちは完全に自立した生活を送りました。」

現在、ヴァン・カッツェンは、ロンドンからオックスフォードシャーの自宅に戻るたびに、子供たちにも自分が過ごした幼少時代とまったく同じような生活が送れるようにしています。「私たちは完璧な森を造ろうとしているのです。長時間散歩しながら、自分が少年時代に体験した情熱や解放感を子供たちにも伝えようとしています。冷静かつ理性的になりすぎないようにしながら、私は
木々や動物を子供たちの目線から見て、彼らが興味を示しそうな細かいディテールに注意を向けさせます・・・これが私にとって原動力となっているのです。」田舎での生活は、父親から学んだ概念を基盤とした彼の使命にもなっています。父親から受け継いだカントリーライフは、環境を保護することの大切さを教えてくれました。

そのほかのことはご存知の通り、大都会でのビジネスライフです。フランドル地方出身の父親とオランダ人の母親の間に生まれたヒューは、ロンドンで古典文化と教養を身につけました。そして今でも彼は、両極端に位置する2つの文化のどちらにも魅力を感じています。「ロンドンにもヨーロッパ人コミュニティがありますが、その中でもわずかな違いがあります・・・。」あなたは自分がとても英国人的だと感じますか?「私は英国人特有の振るまいを身につけています。」それでは、あなたの家系についてはどうですか?「異なる2つの文化間で育つことができた私はとてもラッキーでした。どんな国で生活しても、リラックスして過ごすことができるようになりました。」生まれつきの優雅さと上品な雰囲気は、どこへ行っても失われることはありませんでした。例えば、大都市、香港です。エジンバラ大学で経済学を学んだあとに1年間滞在し、「臨時収入を稼ぐ」ために、中国人の若い学生たちに英語を教えていました。

Back to top