Skip to main content

Luis Garcia Fraile

ルイスのセンスが際立つインテリ
ミラー、テキスタイル、独特のスペース感:ガルシア·フライレのコンテンポラリーなインテリア

経営学を専攻した後、金融業界で経験を積んだスペイン出身のルイス·ガルシア·フライレは、5年前に全く異なるキャリアを選び、インテリア界の曲芸師と言われるまでになりました。マドリードを拠点に活躍する引く手あまたのインテリアデザイナーは、彼のインスタグラムLuchogf からも見て伺える通り、とてもクラシカルなデコレーションコンセプトと圧倒的に斬新な感覚を融合させコーディネートをします。彼のスタジオ、LGFスペースは空間を、対照的な特有のスケール感でデザインします。「大きな壁では、ひとつの絵画はオブジェになる。いずれにせよ、アイキャッチの法則を、僕はすごく小さいか大きいかという基準で考えているんだ。中途半端なスケール感はあまり好まないんだ。」 エスニックやクラシカルなテキスタイルを巧みの感覚で組み合わせ、プラスチックカラーのカーペットと対比させる。グラシア·フレイレは新しいマテリアルも積極的に活用しますが、ミラーの起用は古代の雰囲気を想起させます。「過去を知らずに、コンテンポラリーなトレンドを理解することは出来なからね。」 彼は今日のインテリアについて「より軽さが重視されて、明るさが好まれる。それはウェブ上でつながる新しい世界みたいにね。」と語ります。 彼が今後デザインしたい場所として思い描いているのは、ホテルやレストランといった公共の施設です。「自分の可能性を知ることが出来るからね。」 それでは、ファッションという枠を超え、彼のスタイルの秘密を紐解いていきましょう。

エレガントとは:スーツを着ているとき。シングルのね。
理想的な装い:デニムとホワイトTシャツ
ラグジュアリーとは:言い訳することなく、自分に素直に、自由でいること。
最高のギフト:祖母からもらったメダル。いつも身に着けているよ。
スーツケースの中身:デニム、スニーカー、ブレザー、ブラックドレスのシューズ、ホワイトシャツ、コート2着、彩のあるスカーフ、ビューティーケース、iPad
お気に入りの場所:家族と住んでいる南スペインのマルベーリャの家
音楽:コールドプレイ、バリー·ホワイト、ジプシー·キング
映画:1961年に公開された、フランク·キャプラ監督の『ポケット一杯の幸福』。ストーリーに感動するよ。
恐れているもの:歳をとって、やりたいと思っているすべてのことを出来なくなること。そのひとつは、いつか試みたいパラシュート·ジャンプ。
NG:クローゼットや身の回りの複製品。コピー商品は絶対買わない。オリジナル以外に価値はないよ。
気をつけていること:ナチュラルなマテリアルとテキスタイル
お気に入りのアプリ: 音楽ストリーミングの‘Spotify’

マルベーリャのお気に入りの場所:
朝から夜のタイムラインで・・・

10:00a.m. 散歩をして歴史的な雰囲気が漂う場所にあるカフェでの朝食。おススメは、ナランホス広場でのチュロス。
12:00p.m. トレジャー ビーチで日光浴してサーフィン(ホテル ドン カルロスの近く)
3:00p.m. ランチに< Puro Beach Club.(プロ ビーチ クラブ)>で新鮮な生魚を。
5:00 p.m. プエルト·バヌスでショッピング
Elite(エリート)>で、スタジオに置くフランスの<maison Francis Kurkdjian(メゾン フランシス クルジャン)>のアクア ユニヴェルサリス オードトワレを購入。
10:00 p.m. <Hotel Marbella Club(ホテル マルベーリャ クラブ9>で雰囲気を楽しみながらベリーニみたいなカクテルを楽しむ。食べ物は、ウェリントンのサーロインがおススメ。
0:00a.m. 完璧な1日のクライマックスは<Dreamer’s DanceClub(ドリーマーズ ダンス クラブ)>:“荒々しくも、最高にクール”
Back to top