Skip to main content

Pierre-Emmanuel Racine & Xavier d'Audiffret

シグネチャー シードル
由緒ある古城に本社を構える‘最高にシックな新規事業’

洗練されていて現代的。共に幼少期を過ごした思い出の土地ノルマンディーで20年の友情に導かれた最高のビジネスパートナーシップ。
グザヴィエとピエール‐エマニュエルは、グザヴィエが育ったサッシー城近くのアルジャンタン幼稚園に通っていました。「僕は常に自身のビジネスを始めたいと思っていたんだ。リスクがあると分かっていても果敢に挑む人たちを尊敬していた。だから、僕は2歳からの幼馴染であるピエール‐エマニュエルと共に2014年にメゾン・サッシーを設立したんだ。」
ピエール‐エマニュエルはSkemaビジネススクールで学び、中国やアイルランドを旅しながら様々な経験を積む一方で、グザヴィエはヨーロッパのビジネススクールで企業財務を専攻しました。二人は2000年にはすでに新規事業への野望を強く持っていましたが、この‘最高にシックなシードルブランド’を立ち上げる前の数年間はファイナンスビジネスに従事していました。
1年半以上の間、彼らはこのプロジェクトに取り組み、醸造管理者のアドバイスを受けながら3つのプロダクトを開発しました。
2014年に、いよいよ彼らは『サッシー(www.maison-sassy.com)』を起業。メイド・イン・ノルマンディー、グルテンフリー、100%ナチュラル、低カロリー&アルコールとして、今までにはないコンテンポラリーなシードルを発表します。彼らは、生まれ育った地元の特産物であるリンゴに新しい息吹を吹き込んだのです。
サッシーのスピリットはまさに、自分たちのためにそして地元のために、ほんの少しのモダンさを加えながらフランスの伝統的な技術を広めていくことにあります。古くから伝わる醸造で作られるシードルの量には限りがあるので、パリのコレットやフランスの選りすぐりの店頭でのみ販売しています。
グザヴィエとピエール-エマニュエルにとってシャトー・ドゥ・サッシーは、特別な本社と言えます。この古城は美しい庭園として、また以前は馬の飼育でも有名な場所で、ラウンジのグリーンやバーガンディの刺繍が施された壁は17世紀のフランスの歴史を物語っています。「一番リラックスできる場所であると同時に、働いていてもエネルギーチャージが出来る場所なんだ。」
彼らのスタイル

グザヴィエ

- エレガントな装い: シンプルな装いだね。デニムにカシミアのセーターや品の良い時計を身に着けるといった感じにね。
- お気に入りの装い: 仕立ての良いスーツ
- ラグジュアリーとは: 並外れたものに注がれる思いやその根幹。それから僕が愛する人たちと過ごす時間だね。
- 最高の贈り物: ガールフレンドとフィレンツェで過ごしたサプライズホリデー
- スーツケースの中身: iPad、お気に入りの本、ビジネスカードとサッシー・シードルのミニボトル
- お気に入りの場所: シャトー・ドゥ・サッシー
- 音楽: その時によるけど、デヴェンドラ・バンハート、ザ・キュアー、デヴィッド・ボウイはいつも聞いているよ。
- インテリア: ウッドやコンクリート打ちっぱなしといったありのままの素材にきちんと調光されたライティング
- 映画: デヴィッド・フィンチャー監督が大好きなんだ。『セブン』、『ゲーム』、『ファイトクラブ』、『ゾディアック』、最近でいうと『ゴーンガール』は最高だよ。
- 恐れているもの: 孤独を感じること - NG:あきらめること
- 心がけていること: スティーブ・ジョブズの“stay hungry, stay foolish(現状に満足せず、常に好奇心を持ち続けること)”
- アプリ: Instagram
- 都市:ロンドンが大好きなんだ。あの雰囲気がね。土曜日にはバラマーケットでランチをした後、キューガーデンを散歩したり、サーチ・ギャラリーを訪れるのは最高だよ。
• ノッティングヒルの<The Cow(ザ・カウ) / 89 Westbourne Park Rd)>は魚料理をベースとした美味しいガストロパブ
• <Korobuta(コロブタ)/ 17-20 Kendal St.>は アジアンロックテイストがユニークな日本料理レストラン
• イーストロンドンにある<The Boundary(ザ・バウンダリー)/ 2-4 Boundary St.>のテラス

ピエール‐エマニュエル

エレガントな装い: ブルーのスーツに白シャツ
お気に入りの装い: タキシードは間違いないよね。
ラグジュアリーとは: 何かをしたい時に大好きな人たちと、自分がしたいことをいつでも出来る自由さがあること
スーツケースの中身: PC、ビジネスカード、iPad
- お気に入りの場所:ノルマンディーのオージュは最高だよ。特に霧のかかった早朝がね。
音楽: 今は色々なアーティストをフォローしているよ。メトロノミー、シナプソンやエドワード・ニューゲート(サウンドクラウド)とかね。
インテリア: シンプルで明るくて華美でないもの
本: デュマス著の『ザ・レッド・スフィンクス』や最近でいうとベグベデ著の『ウーナ&サリンジャー』
映画: グザヴィエ・ドラン監督の『マミー』や、クラシカルだけどロベルト・ベニーニ監督の『ライフ・イズ・ビューティフル』
NG: 白い靴下
心がけていること: 冷蔵庫に必ずサッシーのボトルを入れておくこと!
お気に入りのアプリ: Instagram
大好きな都市: 親友たちと一番長い時間を過ごしたパリ
パリのお気に入りのバー
Le Syndicat(ル・サンディカ), 51 Rue du Faubourg Saint-Denis;
Le Sherry Butt(ル・シェリー・バット), 20 Rue Beautreillis;
La Candelaria(ラ・カンデラリア), 52 Rue de Saintonge (Paris 3eme).
Back to top