Left
  • Andrea Brugnoni
  • Andrea Brugnoni
  • Andrea Brugnoni
  • Andrea Brugnoni
  • Andrea Brugnoni
  • Andrea Brugnoni
  • Andrea Brugnoni
Right

Tod's Touch Meets Andrea Brugnoni
アンドレア・ブルニョーニ: エクレクティックでメトロポリタン

エントランス。たちまち、彼の世界、彼の家庭が広がります。フレームを決め、焦点を合 わせ、ポラロイド写真を撮影するのに必要なのはたった一瞬。アンドレアは、彼の世界へ 入り込んできた人々のイメージをあっという間に捉えます。訪れては去って行った友たち の証しとなる何千枚もの写真は、まるで時の流れそのものです。

クリエイティビティの最初のきざし。それは、14歳の時でした。アンドレアはボクシングのグローブの形をしたアームチェアを贈り物として選びました。 その時から、このアームチェアは、ライナス(「スヌーピー」の登場人物)の毛布のように、どこにでも彼についてきました。それは、デザインにあふれる彼の家に置かれた愛着のある品物の中でも年代ものとなっています。 これがアンドレア・ブルニョーニ流のライフスタイルなのです。彼は、キーワードをさまざまに解釈-セレクト-しています。これこそが、彼のスタイルの真の秘密なのです。
セレクトすることは、「Promenade du Port」のジェネラルマネージャーとしての仕事にも深く関わっています。2008年から、ファッション、アート、デザイン、フードをミックスした「Promenade du Port」というエリアを設け、ポルトチェルボの歩行者専用区域とコスタ・ズメラルダでのショッピングを活気づけてきました。私たちがこの上なく洗練されたデザインオブジェを堪能できるのは、ブルニョーニのおかげなのです。

プライベートなセレクション。 アンドレアのミラノにあるアパートメントは、自由とオリジナリティに満ちていますが、実際はあまりミラノっぽくありません。コスモポリタンなテイストのフィルターをかけたロンドンスタイルの内装を連想させる部分も多くあります。ベッドルームのブルーやキッチンのブラックなどのダークカラーや、レザーやハイドを多く取り入れた部屋など、彼のパーソナルな特性から生まれたエキセントリックなテイストが取り入れられています。どこを見ても、必然的に、そして意図的に、あえて「場違い」に見える驚きのあるアイテムがディスプレイされています。そして、コンピュータやiPod、iPadは、常に電源が入れられています。

欠かせないもの。ロックミュージックとサングラス。
不要なもの。いつも置き忘れてしまう名刺。
愛するもの。オフシーズンのサルディーニャ。
夢中になっているもの。ヴィンテージのヴェスパ。(「Promenade」で販売されているのは偶然でしょうか?)

旅行。
手荷物。すべてをきちんと巻いて収納し、到着したらシャワー室に整然と並べて掛けています。 ポケットやスーツケースのあちこちに6~7個のiPodを入れています。

彼を表すもの
1.テーラーメイドのスーツ。スニーカーかカラフルなゴンミーニで活発なスタイルに。
もしくは、穴の開いたブルージーンズ、ジャストサイズに仕立てたジャケット、バックルのアクセントが付いたローファー。
2.後ろから新聞を読み始める。左利きの人にありがちなこと。
3.タトゥーに夢中。現在の数:42。
4.いつも2枚重ねで巻くパシュミナ。

FOR MORE TOUCHES... CLICK HERE

Polly Morgan
An artist’s uniform
続きを読む
Carolina Bucci
A contemporary Renaissance
続きを読む
Noor Fares
「目」が見つめる世界・・・
続きを読む
Andrea Brugnoni
エクレクティックでメトロポリタン
続きを読む
Hugh Van Cutsem
ヒュー・ヴァン・カッツェンのダブルライフ
続きを読む
Matteo Sardagna
サルダーニャ、大地への思い
続きを読む
Hedvig Opshaug
毎日のスタイル:自分らしい着こなし
続きを読む
Orsini Peduzzi
ローマからパリへ、ティーヌとルイザと共に
続きを読む
Lola Toscani
Tod's Touch meet Lola Toscani
続きを読む
Nathalie Dompè
Tod's Touch Meets Nathalie Dompè
続きを読む
Tod's Touch Meets Tala Samman
スタイルブロガー、タラ・サーマンがドバイのおすすめスポットを紹介
続きを読む
In Focus with Guido Taroni
”アイコニックとは、本来、親近感と個性のバランスが珍しく取れているということです。”
続きを読む
Tod’s Touch meets Martha Ward
マーサのおしゃれなワードローブを拝見
続きを読む
Tod’s Touch meets Peter Cincotti
私の音楽には、イタリアのルーツが反映されています。
続きを読む
The London ART"ISTA"
カルロッタ・ロヴェリーニ・ボッタと共に、ロンドンの1日
続きを読む
Interview Valentine Warner
ヴァレンタイン・ワーナーの感性が明らかに
続きを読む
Tod's Loves New York
New York Exclusively for Tod's Touch
続きを読む
Milan as seen by Micol
「他のみんなが見るミラノと、私の目に映るミラノはちょっと違うんです。」
続きを読む
Chic muse
ファッションブロガー、デニ・エリアスがトッズ・タッチのために手がけるスタイリング
続きを読む
The Northern Light
Hedvig Opshaug fo Tod's Touch
続きを読む
The Blonde Salad
ファッションブロガー、キャラ・フェラーニのエクスクルーシヴなトッズタッチ
続きを読む