Left
  • Martha Ward
  • Martha Ward
  • Martha Ward
  • Martha Ward
Right

Martha Ward
マーサのおしゃれなワードローブを拝見

スタイリストは常にストーリーテラーです。いつでも、新鮮で感動的な物語を洋服やアクセサリーで綴るのです。しかし、マーサ・ワードは今回、自分自身について語ってくれました。彼女をキャリアに導いてくれた人々、普段から関心を寄せていることを独特のひねりを加えて語ってくれました。スタイルや好み、特にトッズのバッグに寄せる熱い思いについて語ってくれています。

1. トッズとの初めての出会いについて教えてください。?
11歳の時でした。継母がとても美しい、バタースコッチ色のレザートートを持っていたのです。あのクラシックなスタイルと色は、私の心を捕らえて離しませんでした。

2. トッズというと、何を連想しますか?
クラシック、タイムレス、スタイル、卓越したクラフツマンシップ。そして、ジャッキー・オナシス。

3. 国際的なスタイルアイコンであるあなたにとって、スタイルの定義とは?
スタイルはファッションではありません。スタイルとファッションは別です。誰でもファッショナブルになれますが、スタイリッシュになれるわけではありません…スタイルは本当に特別なものです。かつてココ・シャネルが述べたように、「ファッションは移ろうが、スタイルは残る」のです。

4. あなた自身のスタイルを説明するとしたら?
気分次第で、パリジャンシックもしくはグラニーシック。

5. あなたのスタイリストとしての仕事について教えてください。始めたきっかけは?
雑誌Tatlerのファッションアシスタントとして働いたのが始まりですが、これ以上ないほど素晴らしい女性たちから指導を受けました(ケイト・リアドン、ナタリー・マスネ、シア・グリーン、今や全員がサクセスストーリーのヒロインです)。こうしてTatlerで経験を積んだ後にフリーランスとなり、それから自分の道を切り開きました。

6. 将来の特別な計画はありますか?
欲しいです!しかし、これを書いている今現在、人生を変えるような計画は、まだありません。

7. トッズの仕事をすることは、あなたにとってどのような意味がありますか?
これほどアイコニックで、素晴らしい物語を持っているブランドと関わることができるのは私にとって大きな誇りです。名声も高く、興味深い歴史を持つメゾンですし。創業者一家とブランドとの強い結びつきも魅力です。

8. トッズの春夏コレクションをいくつかお持ちですね。あなたにとって、このシーズンの必須アイテムとは?
私にとって絶対に外せないのは、パイソンのバッグです。ニュートラルカラーのもの、もしくはトッズならではの大胆なカラーのもの。今シーズンはなんといってもパイソンです!

9. トッズの2013秋冬ウィメンズ コレクションにいらっしゃいましたね。あなたが選ぶ、このコレクションの必須アイテムは何でしょうか?
ダスティーピンクのクロコダイルの「セラ」は必須です。秋冬はこうしたピンク系が一押しです。そして、大きなバックルがついた、クリーム/コーヒー色の斜め掛けバッグも。

10. ロンドンにお住まいですね。お気に入りのホットスポットは?
自然を満喫しながらの散歩には、リッチモンド公園。ビンテージやアンティークを探すのには、ブリックレーンやポートベローマーケット。美味しいファーストフードを食べるのなら、ボローマーケット。日曜の朝に花を買い求めるのなら、コロンビアロード。そして、曜日を問わず、日中に(もしくは夜に)暖炉の前でくつろぐ隠れ家としては、5 ハートフォード ストリート。

Photo by Pietro Olivetta

The Picture of - アーカイブ

Sara Brajovic
流行を生み出す女優
続きを読む
Alexia Jordan
骨を収集するデザイナーのグルメツアー
続きを読む
Tatiana Gecmen Waldeck
音楽と中央ヨーロッパ文化:タチアナのパーソナルミックス
続きを読む
Kyveli Alexiou
ファッション:自我の表現舞台
続きを読む
Pietro Anelli
未来に飛び立つ
続きを読む
Lucia Odescalchi
現代のプリンセス
続きを読む
Polly Morgan
芸術家のユニフォーム
続きを読む
Carolina Bucci
現代のルネッサンス
続きを読む
Noor Fares
「目」が見つめる世界・・・
続きを読む
Caroline Issa
キャロライン・イッサ: ファッションカルチャー
続きを読む
Andrea Brugnoni
エクレクティックでメトロポリタン
続きを読む
Hugh Van Cutsem
ヒュー・ヴァン・カッツェンのダブルライフ
続きを読む
Matteo Sardagna
サルダーニャ、大地への思い
続きを読む
Hedvig Opshaug
毎日のスタイル:自分らしい着こなし
続きを読む
Gelasio Gaetani D’Aragona Lovatelli
ジェラーシオ・ガエターニ、ワールド トラベラー
続きを読む
Orsini Peduzzi
ローマからパリへ、ティーヌとルイザと共に
続きを読む
Lola Toscani
ローラ・トスカーニのニューヨーク
続きを読む
Nathalie Dompè
ナタリー・ドンペのミラノ
続きを読む
Tala Samman
スタイルブロガー、 タラ・サーマンが ドバイのおすすめ スポットを紹介
続きを読む
Guido Taroni
”アイコニックとは、 本来、親近感と個性の バランスが珍しく取れて いるということです。”
続きを読む
Martha Ward
マーサのおしゃれなワードローブを拝見
続きを読む
Peter Cincotti
私の音楽には、イタリアのルーツが反映されています。
続きを読む
Carlotta Loverini Botta
カルロッタ・ロヴェリーニ・ボッタと共に、ロンドンの1日
続きを読む
Interview Valentine Warner
ヴァレンタイン・ワーナーの感性が明らかに
続きを読む
Tod's Loves New York
トッズ タッチのためのニューヨーク
続きを読む
Milan as seen by Micol
「他のみんなが見るミラノと、私の目に映るミラノはちょっと違うんです。」
続きを読む
Chic muse
ファッションブロガー、デニ・エリアスがトッズ・タッチのために手がけるスタイリング
続きを読む
The Northern Light
ヘドヴィグ・ウプスハウ氏へのインタビュー
続きを読む
The Blonde Salad
ファッションブロガー、キャラ・フェラーニのエクスクルーシヴなトッズタッチ
続きを読む