トッズ・イン・モーション

トッズの物語の主役はレザーであり、今回のコレクションも上質な素材とその無限のプロセスを讃えます。コレクションのカラーパレットはナチュラルなトーンが好まれ、クラフツマンシップを活かした手仕事による仕上げが強調されます。
マッテオ・タンブリーニの指揮下にあるクリエイティブには、都市生活と余暇・フォーマルとインフォーマル・ 伝統と革新の二面性がコレクション全体に行き渡り、本質的かつ洗練されたアイテムが特徴です。レザートレンチ、メンズライクなコートはファブリックやダブルフェイスのウールで、オーバーサイズのフィールドジャケット、レザーをトリムしたラッピングクロークなど。ウールツイルのテーラードスーツは、大きくターンアップしたシガレットパンツとメンズのワードローブから借用したノーカラーもしくはシングルブレストのジャケットを合わせて。カシミアやウール、シルクのニットウェアはカーディガンにカーディガンを重ね、ツインニットのコンセプトを一新します。
トッズのフットウェアの新たなる境地は、ゴンミーニやローファーなどのアイコニックなモデルを再解釈する極細のメタルバンドであり、歩く度に細いレザーのフリンジが揺れるヨーキー バージョンのゴンミーニです。モーターサイクルから着想したブーツは、イタリアのクラフツマンシップが引き立つブラッシュドレザーで女性らしく。バッグはトッズに受け継がれる遺産が革新を遂げました。